January 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ShotShow2015に参加してきた vol.2

こんにちわ!アライグマハンターです。

vol.1では本題のShotShowが出てきませんでしたが、それでは本題に。



ShotShowは毎年アメリカのどこかで開催される銃関連製品の展示会です。
ハンティング用のものばかりではなく、半分以上は軍事用のもの。
ハンティングフロアでは狩猟やっている人なら誰もが知っているであろうメーカーも多数出展。普通に実銃がたくさんあります。大丈夫なのか・・・


レミントンの散弾銃新モデル


ブローニングももちろん展示
現地で買うと安いんだよねー猟銃は。

ウィンチェスター社も

他にも聞いたことがないメーカーの猟銃やスコープが盛りだくさん。

しかし一番気になるのはやはりトレイルカメラ。
アメリカには10社以上のトレイルカメラメーカーがあります。
新モデルのリリースも非常に(異常に)早く、数か月前にリリースしたモデルがすぐにディスコンになることもしばしば。本当に足が早い製品です。
今回もほとんどのメーカーが出展していました。

PRIMOSの新モデル


WildGameInnovationsもたくさん新モデルを展示しています。


MoultrieのM-990iは少しサイズが大きくなった。ん〜GEN2か


MINOXの気になるモデル。とにかく薄い。単3電池くらいの厚みでフロントモニターは魅力的。ただここはOEMなので製造は別会社。

他にもSPYPOINTやBMC、Cuddebackなどが展示していました。

他には迷彩ブラインドや

気になるハンティングウェア事情
狩猟人口が桁違いだからと思うんだけど本当にいろんな商品がある

これは女性用のオシャレなハンティングウェア
日本で女性向けの狩猟服なんてないからみんなブカブカの猟友会のおしゃれなベストとか着てるんだよね。こんな種類があれば狩りガールももっと増えるのに。じゃあうちで作れよって言われてもやはり需要が・・・ってなるんですよね。でもいつかやりたい。女性用狩猟アパレル。

いろいろ見て回ったけどこれいいな〜と思ったのはこれだけ

リアルツリー迷彩にオレンジミックス。
でも少し中途半端。しかも売値でジャケットが250ドルとか高いでしょ。ゴアテックスでもないのに。

やっぱりしつこいけど迷彩&オレンジのリバーシブル。これにこだわりたい。
と言ってると昨日、製造を依頼しているパキスタンの工場からサンプルを発送したと連絡がありました。いやー本当に楽しみ!期待しすぎてがっかりしないよう祈っています。

スポンサーサイト

comments

   
pagetop