January 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ShotShow2015に参加してきた vol.1

こんにちは!アライグマハンターです。

今年はラスベガスで開催された銃のイベントShotShowに参加してきました!
もちろんハンティングツールを見に行ったのですが猟銃だけではなく軍事製品のほうが出展社が多く、かなり広いコンベンションセンターの1-2階すべてがブース!どこにいるのかわからなくなるほどでした。

ShotShowの報告の前にせっかくアメリカに来たので絶対に行ってみたい場所!
そうBass Pro Shopです!アメリカのアウトドアショップというとCabela'sも有名ですがBass Pro Shopもかなり大規模なアウトドアショップです。



店内はまるで自然そのもの!フィッシング売り場には滝と池があり、本物のバスが泳いでいます!ハンティング売り場にはエルクのはく製や無数のシカ、アウトドア製品売り場は・・・日本と変わらず。



広大な敷地と莫大な建設費を掛けているのが良く分かります。
1日居ても見飽きない規模と仕掛けはさすがでした。狩猟用にウェアを探していましたがとにかくサイズが大きい!日本ではM-Lサイズの私がMだと大きいのです。
しかたなくSサイズを探しますが・・・ほとんどない。。



逆に帽子はMサイズだと小さくてLサイズを探すが逆に大きいサイズが少ない。
これが欧米人との差か・・・。


日本では見ないデコイもたくさんある。

自分の頭の大きさと体の小ささにショックを受けながらこれとこれを買いました。


いいでしょ?この帽子!暖かいのはもちろんですが迷彩部分をオレンジ色に変えることができる仕掛けがあるんです。なんとか最後の1個のLサイズをゲット。

結局、しばらく理想のハンティングウェアを探していましたがありませんでした。

理想のハンティングウェアとは・・・リアルツリー迷彩とオレンジ色のリバーシブルウェアです!

ハンターで有害駆除やっていると、こんな経験したことないでしょうか?
朝のミーティングはオレンジで集合、でも現場入ったら目立たないようにしたいですよね!?
そんな時は迷彩柄にひっくり返すのです。いやいや、オレンジ着てないとハンター保険がうんちゃら・・・という話は自己責任になりますが、1着で両方の色になれば荷物も減るしかなり便利!!でもないんですよね。そういうの。

しかも某会のベストと帽子ってかっこよくないですよね。

狩猟はカッコイイもの!がテーマのハイクストア。

・・・決めた!ハイクストアで企画して作ります!ジャケットとベストとパンツ!
もちろん全部リバーシブルでオレンジ側はフリースで暖かさを保ち、迷彩側は撥水ハードシェルのような素材!オレンジもオレンジ1色ではなく迷彩オレンジにします。

こうご期待!今年の猟期に間に合うかわかりませんけど(笑)

話はそれましたがBass Pro Shopに戻って、ウェアとかバッグとかって結構高価なんですよね。ブレスアブルとかゴアテックスとか機能が良いのはわかりますがアウトドアメーカーと同じくらいの価格なんです。人によりますがジャケットに3万とか出せないよな〜。
2万切るくらいでなんとか・・・考えてみます。

vol.2に続きます

スポンサーサイト

comments

   
pagetop